• No : 3576
  • 公開日時 : 2015/07/10 14:50
  • 更新日時 : 2018/08/29 12:54
  • 印刷

身内の危篤状態が続いており、年賀状の用意をしていいかわからない場合はどうしたらいいでしょうか?

回答

その場合は、無理に年賀状は用意せずに年が明けた1月7日以降に、「寒中見舞い」でご挨拶されてはいかがでしょうか。
寒中見舞いは、年賀状の代わりとしても、喪中はがきの代わりとしてもお使いいただける挨拶状です。
ただし、服喪中の場合にも「おめでとう」などの賀詞を使用しない等、記載する内容にはご注意ください。
弊社運営の寒中見舞いはがきサイトもございますので、良ければご参照ください。(11月中旬以降オープン予定)