カート

ログイン

会員登録

  • 全国どこでも送料0円
  • 最短即日出荷
  • 宛名印刷0円
  • 投函代行サービス0円
  • 1枚から印刷OK
  • JALのマイルが2倍
  • 各種支払い対応
  • 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L

よくいただくご質問

  • No : 3560
  • 公開日時 : 2015/07/10 14:32
  • 更新日時 : 2020/09/28 12:03
  • 印刷

▶父(母)が死去。故人の交友関係用と、自分用の喪中はがきは分けたほうがよいか教えてほしい

回答

喪中はがきは、例年年賀状のやり取りをされている方へ「年賀の欠礼」をお知らせするご挨拶状です。よって通常は死亡通知とは別にお作りいただきます。但し、故人が生前ご交友されていた先様が喪中はがきをご覧いただいた際、亡くなったご本人のご子息・ご息女様からのご連絡であることが伝わる内容であれば、必ずしも分けて出さなくてはいけないとは限りません。
喪中はがき印刷の専門店<<ご注文はこちらから
 

アンケート:ご意見をお聞かせください

喪中はがき印刷の専門店

  • 割引情報
  • 昼13時までの注文で最短即日出荷
  • 日本全国どこでも送料0円
  • 選べる支払い方法

スタッフ一同

「故人にぴったり」「哀しみを和らげてくれた」「届いた方に素敵と言われた」など、
お客様からお褒めの言葉を多数頂戴しています。

ご希望枚数の価格を見ながら選べます。
まずはこちらからデザインを探してみてください。

矢印

会員登録不要・価格を見ながらデザインを選べます デザインと価格を見る