カート

ログイン

会員登録

  • 全国どこでも送料0円
  • 最短即日出荷
  • 宛名印刷0円
  • 投函代行サービス0円
  • 1枚から印刷OK
  • JALのマイルが2倍
  • 各種支払い対応
  • 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L

よくいただくご質問

  • No : 3558
  • 公開日時 : 2015/07/10 14:29
  • 更新日時 : 2021/01/06 15:14
  • 印刷

▶妻の父(母)が亡くなった場合、続柄はどう記載すればよいか教えてほしい

回答

夫婦連名で喪中はがきを出す場合、一般的には差出人の筆頭者であるご主人様からみた故人との続柄を記載します。その為、奥様のお父様が亡くなられた場合は「今年 ○ 月に 義父 阿津太郎が九十九歳にて永眠いたしました」とするのが一般的です。
 
「義父(義母)」とされる場合のほか、「父(母)阿津○○」、「妻の父(母)阿津○○」等と記載される方もいらっしゃいます。
 
喪中はがき印刷の専門店<<ご注文はこちらから
 

アンケート:ご意見をお聞かせください

喪中はがき印刷の専門店

  • 割引情報
  • 昼13時までの注文で最短即日出荷
  • 日本全国どこでも送料0円
  • 選べる支払い方法

スタッフ一同

「故人にぴったり」「哀しみを和らげてくれた」「届いた方に素敵と言われた」など、
お客様からお褒めの言葉を多数頂戴しています。

ご希望枚数の価格を見ながら選べます。
まずはこちらからデザインを探してみてください。

矢印

会員登録不要・価格を見ながらデザインを選べます デザインと価格を見る