カート

ログイン

会員登録

  • 全国どこでも送料0円
  • 最短即日出荷
  • 宛名印刷0円
  • 投函代行サービス0円
  • 1枚から印刷OK
  • JALのマイルが2倍
  • 各種支払い対応
  • 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L

よくいただくご質問

  • No : 3558
  • 公開日時 : 2015/07/10 14:29
  • 更新日時 : 2021/09/02 14:45
  • 印刷

★●妻の父(母)が亡くなった場合、続柄はどう記載すればよいか教えてほしい

回答

夫婦連名で喪中はがきを出す場合、ご主人様からみた故人との続柄を記載します。例えば、奥様のお父様が亡くなられた場合の続柄は「義父」になります。
「今年 ○ 月に 義父 阿津太郎が九十九歳にて永眠いたしました」とするのが一般的です。
 
「義父(義母)」とされる場合のほか、「父(母)阿津○○」、「妻の父(母)阿津○○」などと記載される方もいらっしゃいます。
 
喪中はがき印刷の専門店<<ご注文はこちらから
 
喪中はがきを作成するときに役立つ「喪中はがきの書き方の基本マナー」をまとめた動画です。一度ご確認ください(約120秒です)
 
 
 

アンケート:ご意見をお聞かせください

  • 早期割引最大50%OFF
  • 昼13時までの注文で最短即日出荷
  • 日本全国どこでも送料0円
  • 選べる支払い方法

スタッフ一同

「故人にぴったり」「哀しみを和らげてくれた」「届いた方に素敵と言われた」など、
お客様からお褒めの言葉を多数頂戴しています。

ご希望枚数の価格を見ながら選べます。
まずはこちらからデザインを探してみてください。

矢印

会員登録不要・価格を見ながらデザインを選べます デザインと価格を見る