• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L

よくいただくご質問

  • No : 11811
  • 公開日時 : 2017/09/29 18:35
  • 更新日時 : 2018/10/16 10:25
  • 印刷

妻の父(母)が亡くなった場合、続柄はどう表記したらよいですか?

回答

夫婦連名で喪中はがきを出す場合、故人様のお名前はご主人様からみた続柄で記載することが一般的です。
また、故人のお名前を記載する場合は、フルネームで記載する方がわかりやすくなります。
例えば「今年 〇月に 義父(義母)〇〇〇〇が八十歳にて永眠いたしました」
「妻の父(母)〇〇〇〇(フルネーム)が~」など。

アンケート:ご意見をお聞かせください

●おたより本舗 喪中はがき印刷の専門店 よくいただくご質問

  • 早期割引40%OFF 9月30日(月)昼12時まで
  • 昼12時までの注文で最短翌日出荷
  • 日本全国どこでも送料0円
  • 選べる支払い方法

スタッフ一同

お問い合わせ0120-29-7706

メールでのお問い合わせはこちら

会員登録不要! カンタン20分で注文完了! どうぞお気軽にデザイン作成をお試しください。

厳選デザイン全388種類!「令和」の文例・デザイン取り揃えております。

デザイン一覧へのリンクはこの下にあります

喪中はがきデザイン一覧・ご注文はこちら