よくいただくご質問

※各質問をクリックすると回答が表示されます

『 ●書き方 選び方、時期 』 内のFAQ

29件中 1 - 10 件を表示

1 / 3ページ
  • 妻の父(母)が亡くなった場合、呼称(続柄)はどのようになりますか?

    夫婦連名で喪中はがきを出す場合、一般的にはご主人様からみた続柄で書きます。 その為、奥様のお父様がなくなられた場合は「今年 ○ 月に 義父 阿津太郎が九十九歳にて永眠いたしました」 というようにするのが一般的です。 「義父(義母)」とされる場合のほか、「父(母)阿津○○」、「妻の父(母)阿津○○」等と記載される方もいらっしゃいます。 詳細表示

    • No:3558
    • 公開日時:2015/07/10 14:29
    • 更新日時:2018/08/29 12:48
  • ■夫婦(家族)連名などで出す際、文面に書く続柄はどうしたらいいのでしょうか?

    ご夫婦連名で喪中はがきを出される場合は、旦那さまのほうの続柄に合わすことが一般的です。 このような場合は、下の名前だけだと分かりにくいので、故人の名前をフルネームで記載することが多いです。 詳細表示

    • No:3557
    • 公開日時:2015/07/10 14:27
    • 更新日時:2019/10/25 11:03
  • 喪中はがきに転居、引越報告を一緒に書いてもいいでしょうか?

    喪中はがきには、近況報告など年賀欠礼以外の内容は書かないのが基本です。 本文中で引越したことをお伝えするのではなく、住所の前に「新住所」や「引越しました」などと簡単な文言を入れることをおすすめします。 新居へのお誘いや近況報告されたい場合は年が明けて改めて「寒中見舞い」「引越し報告」などでご挨拶をされる方が一般的です。 ※当サイト内には「印刷内容を入力する」... 詳細表示

    • No:3562
    • 公開日時:2015/07/10 14:37
    • 更新日時:2019/03/08 11:02
  • 故人の年齢は満年齢か数え年どちらで表記しますか?

    一般的には数え年での記載が正しいとされています。 数え年とは生まれた最初の年を1歳とし、以降元旦(1月1日)を迎えるごとに1歳づつ追加する数え方です。 ただし、最近では分かりやすい満年齢で表記されてる場合が多くなってきているようです。 詳細表示

    • No:3555
    • 公開日時:2015/07/10 14:25
    • 更新日時:2018/08/29 12:51
  • 喪中はがきは、薄墨でなくてもいいですか?

    現在では必ずしも薄墨でなければならないというわけではありません。 弔事の手紙は、悲しみのため涙が落ち、それで墨が薄れるといった表現を示して薄墨で書くといういわれがありますが、現在は黒書きやカラー印刷も一般に広まっていますので、当店ではさまざまなデザインもご用意しております。 ただし、宛名印刷は黒印刷のみです。薄墨印刷には対応していません。 詳細表示

    • No:3574
    • 公開日時:2015/07/10 14:48
    • 更新日時:2019/03/14 11:22
  • 二人の故人名を一枚に書く場合の書き方・順番・続柄はどのようにしたらよいですか?

    二人の方がお亡くなりになった場合、一般的にはなくなられた時期の早い方から順に記載します。 ※続柄は、差出人を夫婦連名にされる場合は、最初に記載する差出人から見た続柄を記載します。 例)  2月に祖母 ○○が ○歳    10月に父 ○○が ○歳にて永眠いたしました 詳細表示

    • No:1436
    • 公開日時:2015/02/27 11:56
    • 更新日時:2019/09/05 16:53
  • 喪中はがきの差出人に子供の名前を書いてもいいのでしょうか。

    喪中はがきの差出人については、家の主と配偶者までを記載するのが一般的です。通常はお子様のお名前は記載せず制作することがほとんどですので、お勧めは出来ません。 詳細表示

    • No:11818
    • 公開日時:2018/10/16 10:24
    • 更新日時:2019/10/21 15:59
  • 死亡通知、葬儀後通知を兼ねた喪中はがきを作りたいです。文例はありますか。

    通常、喪中はがきと死亡通知や葬儀後通知は別々に作成される挨拶状になります。そのため、死亡通知や葬儀後通知を兼ねた文例はございません。 喪中はがきは毎年年賀状のやり取りをされている方が対象となる「年賀欠礼」の挨拶状です。例年、年賀状のやり取りをしているすべての方に出すのが基本です。亡くなったことや葬儀が終わったことをお知らせするはがきではありませんのでご注意下さい。 詳細表示

    • No:3566
    • 公開日時:2015/07/10 14:41
    • 更新日時:2019/09/24 11:43
  • 喪中ですが、年賀状は受け取りたいので喪中はがきにその旨を書いてもいいでしょうか?

    本来、喪中はがきは新年の挨拶を控えるという挨拶状ですので、服喪中に年賀状を受け取ることには問題はありません。 しかしながら、受け取るお相手によっては非常識だと感じたり、どんな年賀状を書けばよいのか戸惑われることもありますので、例年通り気遣いなく年賀状をお送りいただける旨を添え書きされると良いかと思います。 【一文を追記する場合の文例】 なお 皆さまからの... 詳細表示

    • No:3567
    • 公開日時:2015/07/10 14:42
    • 更新日時:2017/08/16 15:06
  • 父が亡くなりました。父の交友関係用と自分用の喪中はがきは、分けないといけませんか?

    通常、喪中はがきは例年やり取りされている方へ年賀欠礼として送るため、死亡通知とは別で作成されます。 ただ、お父様の交友先様が差出人様のお名前をご存知なくても、お父様が亡くなられたこと、ご子息・ご息女からのご連絡であることが伝わる内容であれば、必ずしも分けて出さなくても良いかと思います。 詳細表示

    • No:3560
    • 公開日時:2015/07/10 14:32
    • 更新日時:2017/08/16 17:09

29件中 1 - 10 件を表示

●おたより本舗 喪中はがき印刷の専門店 よくいただくご質問

  • 早期割引40%OFF 9月30日(月)昼12時まで
  • 昼12時までの注文で最短翌日出荷
  • 日本全国どこでも送料0円
  • 選べる支払い方法

スタッフ一同

お問い合わせ0120-29-7706

メールでのお問い合わせはこちら

会員登録不要! カンタン20分で注文完了! どうぞお気軽にデザイン作成をお試しください。

厳選デザイン全388種類!「令和」の文例・デザイン取り揃えております。

デザイン一覧へのリンクはこの下にあります

喪中はがきデザイン一覧・ご注文はこちら